磐座の話

翁長沖縄県知事が亡くなられました。

心よりお悔やみ申し上げます。

暑い日が続いています。

この暑さにも負けずに赤いバラが咲いてくれました。

8月4日

浜島磯体験施設 海ほおずき ワクワク体験イベントへ。

夏休み 多くの子どもたちで賑わっていました。

この日は水産高校生が海の生き物の解説を子どもたちにしてくれていました。

夕方は 鵜方駅前ちびっこ祭り へ。

駅前振興会有志のみなさんの賑わいの場つくり。

駅前が子どもたちの思い出の場になるように願って。

8月5日

志摩の国・案内人(志摩観光ボランティアガイド)主催の「伊勢志摩の磐座 太陽の道・中央構造線」 磯部生涯学習センターへ。

講師は 鳥羽郷土史会の 江崎 満 氏。

 

 志摩の低い山々、丘の上には多くの岩があります。

なぜ山の頂上にあるのか?

太平洋プレートが日本へ移動した際、太平洋に堆積した放散虫がプレートに沈み込むとき大きな圧力を受け白チャートになります。それが隆起して志摩半島ができた時、土といっしょに山の頂上近くまで持ち上げられます。

柔らかい土は数千年かけて洗い流され、硬い白チャートだけが残されます。

白チャートは光る石。やがてそれらの岩は神が昇降し、宿る磐座(いわくら)として人々の信仰の対象となり、民間信仰と結びついていきました。志摩の各地の行者さん、竜宮さん、浅間さんなど多くが磐座であることを知りました。

志摩の地質・地形の成り立ちと民間信仰を結び付けた大変興味あるお話でした。

夜は映画「さとにきたらええやん」の上映会 阿児アリーナへ。

大阪市西成区釜ヶ崎で様々な事情を抱える子どもたちの居場所・集いの場として活動している「子どもの里」のドキュメンタリー映画です。

8月6日

広島原爆の日 議員全員で黙とう

その後、議員研修会。公認会計士・税理士 林 伸一 氏を講師に「公営企業会計決算について」

 9月の決算議会にそなえ勉強しました。

8月7日

毎年、このお盆前はいろいろな生活相談が集中する時期です。この日もいくつかの生活相談に対応しました。

 「道端の木の枝が伸びて通行の邪魔。地主に切っていいか聞いてほしい」と朝一番の電話がありました。地主の方に言うと「坂口さんが切ってやっておくれ」

「えーッ」。

 さすがに切るのは近所の方にお願いしました。

その後も税の滞納の相談などに対応しました。

8月8日

 臨時職員さんの職場まわり。この日はライブラリーなどを回りました。 

 夜は日本共産党志摩市委員会の会議へ。

会議の途中に翁長知事の訃報。

お盆前の行動計画に知恵を出し合いました。

8月9日

 この日も生活相談。収税課で相談者の方と税の滞納解決の話し合いをしました。

長崎原爆の日、黙とう。

 平和式典の様子テレビで見ていましたが、今年も安倍首相は核兵器禁止条約には一言も触れなかった。

戦争被爆国の役割を果たせない政権は退陣させよう。

 夜は、志摩地域一般労働組合の三役会議に招かれ出席。この間の臨時職員さんの職場まわりの結果について報告しました。 

 いくつかの職場で組合員が増え、新しい分会ができる展望ができてきたとのことでした。

 みんな不安定雇用と格差に不安と不満を持っている。解決するには労働組合に団結することです。